読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塞翁失馬、焉知非福

語学とか釣りとか

5000円で東京から名古屋まで日帰り旅行

先日、東京から名古屋まで日帰り旅行に行ってきました。きっかけは、妻がJRの青春18切符で日帰り旅行をするとしたらどこまで行けるだろうかと言い出したことでした。
新幹線を使わず、普通列車だけで東京から日帰りで行ける所をいくつか検討して、名古屋なら割と無理なく行けそうだったので、実行してみました。どなたかの参考になればと思い、ちょいとレポートを書いてみます。

青春18切符とは

JRの普通列車が1日乗り放題になる切符です(青春18きっぷ - Wikipedia)。5回分セットで11,850円、1回当たり2,370円です。いつでも使える訳ではなく、購入時期、利用時期ともに限られています。
f:id:Galenus:20150110214035j:plain

移動時間約12時間、費用一人当たり約5000円、観光時間6時間程度

旅程を要約すると下記のようになります。

  1. JRの始発で品川へ向かう。
  2. 品川から東海道本線で名古屋へ行く。5時10分発、10時57分着。
  3. 名古屋を観光する。11時から17時くらいまで。
  4. 名古屋から東海道本線で品川へ行く。17時30分発、23時46分着。

住んでいる場所によって多少変わりますが、東京都に住んでいれば大体同じような感じになると思います。私たちの場合、家を出発したのが午前4時くらい、帰宅したのが翌日の0時半くらいでした。費用は交通費、食費含めて一人当たり5000円程度で、結構節約できた方だと思います。観光時間は、名古屋市内での移動や食事を含めて6時間程度でした。

始発で品川へ行き、そこから東海道本線で名古屋へ

5時10分に品川を出る東海道本線に乗ります。品川から名古屋へはずっと東海道本線で行きますが、途中何度か乗り継ぎがあります。小田原、熱海、浜松、豊橋あたりだったと思います。乗り継ぎの際、乗客が席の確保のために一斉に走るので注意してください。私たちが乗った時は、まあまあ人は乗っていましたが一応座れました。あと、天気が良ければ太平洋の日の出が見られます。静岡を通るときには、富士山も結構近くに見えますよ。

名古屋駅到着

予定通りに11時前に名古屋駅に着きました。予定では名古屋駅内で食事をとるつもりでしたが、完全に失敗でした。人が多すぎて、どこも並ぶことになります。ただでさえ時間が限られているので、食事は一旦諦めました。

名古屋駅で「ドニチエコきっぷ」を購入

名古屋市で観光をする際は、「ドニチエコきっぷ」がお勧めです。600円でバスと地下鉄が1日乗り放題です。また、いくつかの観光地で入場料が割引になります。私たちの場合は、名古屋城トヨタ産業技術記念館で入場料が確かそれぞれ100円引きになりました。
ドニチエコきっぷ|乗車券について|名古屋市交通局
f:id:Galenus:20150110214352g:plain

名古屋駅から地下鉄で大須観音

意外だったのが、名古屋の地下鉄が大変混雑していたことです。名古屋駅周辺だけなのかもしれませんが、東京の休日よりは確実に混んでいました。最初に来た電車には結局乗れず、次の電車に乗りましたが、本数が多く、5分くらいしか待たずに済みました。

大須観音でお参りと昼食

f:id:Galenus:20150110214514j:plain
大須観音駅で降り、まず大須観音でお参りをし、それから大須商店街で昼食をとりました。大須商店街では色々な店が出ていて結構賑わっていました。食事処も割とあるので、観光ついでに昼食をとるには良いと思います。私たちは肉みそカレーのお店で食事をとりました(名古屋肉味噌カレー研究所 大須本店の割引クーポンならくまポンbyGMO)。ゆっくり見て回る時間もありませんでしたが、小洒落た輸入雑貨店などもあり、楽しめました。大須商店街を通り抜けたあたりに「上前津」という地下鉄の駅があるので、そこから次の目的地へ向かいました。時間については、大須観音駅に12時くらいに着いて、上前津を出たのが13時過ぎくらいだったと思います。

名古屋城

f:id:Galenus:20150110215047j:plain
名古屋市に観光に来たからには、やはり名古屋城はぜひとも見ておきたいですよね。地下鉄名城線「市役所」駅で降り、歩いて10分くらいで入口まで行けます。ドニチエコきっぷがあれば、入場料は100円引きになります。広いお城ですが、1時間半くらいあれば大体見て回れると思います。私たちは14時前に名古屋城について、バスに乗って出たのが15時半くらいだったと思います。ここの観光バスは大変混んでおり、並んでいた客が一度に乗りきれない程でした。

トヨタ産業技術記念館

f:id:Galenus:20150110215505j:plain
名古屋城から観光バスでトヨタ産業技術記念館へ向かいました。観光バスの案内音声が、「~でござる」みたいなちょっと面白い喋り方で癒されました。記念館では繊維機械や自動車の部品作成のデモなんかがあって、そういうのが好きな方はなかなか楽しめると思います。ゆっくり見たかったのですが、時間が無くて40分くらいで出ました。そこから再び観光バスに乗って名古屋駅へ向かいます。

名古屋駅付近で手羽先を食べる

名古屋駅に着いたのは17時ちょっと前でした。せっかく名古屋に来たのに手羽先をまだ食べていなかったので、事前に調べてあった「風来坊」というお店に向かいました(名古屋名物・元祖手羽先唐揚げ/風来坊)。結構混んでいましたが特に待たずに座れました。手羽先、手羽餃子、海老フライの3品を注文しましたが、どれも本当に美味しかったです。手羽先好きの妻はかなり感動していたようでした。
f:id:Galenus:20150110215535j:plain

帰宅

手羽先を食べ終えてから名古屋駅に戻り、17時半に駅を出発して長い帰路へ着きました。品川駅に着いたのが23時46分、その後家に着いた時には0時半を過ぎていました。

感想

移動時間が本当に長く、観光している時間の2倍はあって正直疲れました。でも、かなり費用を抑えて名古屋の観光が出来たので、その疲れに見合う結果は得られたと思います。結構歩きますし、休む時間も無いので、子供連れなんかだと厳しいと思いますが、若い人ならそんなに無理なく実行できるんじゃないかなと思います。私たちは準備不足な点もありましたが、ちゃんと下調べして行けばもっと効率よく回れると思います。格安で名古屋の観光に行きたい方は、青春18切符の利用を検討してみても良いかもしれません。