読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塞翁失馬、焉知非福

語学とか釣りとか

クラッシュオブクランの良い所は、待ち時間が長いことだと思う

最近、クラッシュオブクランというゲームに熱中しています。Andoroidのタブレットで遊んでいます。とても面白いゲームで、世界中で人気みたいです。基本的に無料で遊べるゲームで、実際に私も1円も使っていませんが非常に楽しめています。CLASH of CLANS クラッシュ・オブ・クラン

人気の理由は色々あると思いますが、私がこのゲームにハマった理由の1つは「待ち時間が長いこと」です。

待ち時間が長いって普通なら嫌なことですよね。でもこのゲームはそこを苦痛に感じさせず、プレイヤーに長い間遊ばせる工夫が良くなされています。待ち時間が長いことによって、ゲームにあまり沢山の時間を割けない人でも楽しく遊ぶことができるようになっています。

そんな視点から、このゲームの面白さを私なりに書いてみたいと思います。

どんなゲームか

ゲームの概要については、Wikipediaの文を引用させていただきます。

自分の村を発展させながら、他の村を襲撃し世界中のプレイヤーとランキングを競うゲームである。
クラッシュ・オブ・クラン - Wikipedia

つまり自分の村を強くして他のプレイヤーと戦うゲームなのですが、その内容は大きく次の3つに分けられます。

  1. 村を発展させる
  2. 他のプレイヤーの村を襲う
  3. 他のプレイヤーの攻撃から村を守る

ゲーム時間の大半は、村を発展させる作業に費やされる

ゲーム時間の大半は、この3つの内の1つ目、村の発展に費やされます。村を発展させるというのは、兵隊を育てたり、大砲などの防衛設備を建てたりと、戦いに勝つために必要な作業を行うことです。

他のプレイヤーの村を襲うのに掛ける時間はあまり長くない

他のプレイヤーの村を襲うのは、1回につき数分程度です。村を襲うには兵隊が必要で、一度襲った後はまた時間を掛けて兵隊を育てる必要があります。したがって、短い時間で頻繁に他のプレイヤーの村を襲うという遊び方は基本的には出来ません。

他のプレイヤーから村を守るのに掛ける時間はゼロ

また、他のプレイヤーの攻撃から身を守ることに関しては、自分で操作することは一切ありません。と言うよりもむしろ、自分がゲームを遊んでいる時には、他のプレイヤーは自分の村を攻める事は出来ません。

つまり、自分がゲームを閉じている時間のみ、他のプレイヤーに自分の村が襲撃されるという事態が発生します。したがって自分に出来ることは、防衛戦に備えて村を発展させ、襲撃された時のための準備をしておくことだけです。

なぜ待ち時間が発生するのか

村の発展は、大工さんに工事を依頼して建物・設備の建設や増強を進める、という形で進行します。自分に出来るのは大工さんに依頼をするところまでで、あとは大工さんが工事を終わらせてくれるのを待つしかありません。

この工事は短いものは数分で終わりますが、ゲームが進むにつれて数時間、数十時間単位の工事が多くなってきます。この間にプレイヤーは他の村を襲撃したりして遊びますが、上述のように襲撃の準備にも時間が掛かるので、すっと襲撃ばかりすることは出来ません。結局、ゲームを閉じて工事が終わるのを待つ時間が長くなるのです。

待ち時間があると嬉しい理由

自分が直接操作しなくてもゲームが進行していく、という喜び

例えば、朝自分が仕事に行く前に大工さんに工事を依頼して、仕事中に「大砲まだかな~」などとアホなことを考え、家に帰って完成した大砲を確認して喜ぶ、私はこんな感じで遊んでいます。完成した立派な大砲を見ると、長い時間待った甲斐があったなと感じられます。このように、直接の操作にあまり時間を掛けなくても大きな喜びが得られるのは、待ち時間が長いというシステムのおかげだと思います。

私は最近のゲームには大して詳しくありませんが、昔はドラクエやFFに代表される普通のゲームを楽しんでいました。これらのゲームでは、実際に自分が遊ぶことによって、ゲーム内のキャラクタが成長したり自分の技術が上がったりします。待ち時間といったものは基本的に無く、自分が遊んだ分だけゲームが進行していきます。子供の時には、1日中レベル上げの作業を楽しんだこともあります。こういったゲームも大変面白いのですが、社会人になって自由になる時間が減ってくると、どうしても時間が掛かるゲームで遊ぶのは難しくなってきます。

クラッシュオブクランのように、自分が直接操作しなくても進行していくゲームというと、私の場合たまごっちくらいしか知りませんでした。最近はクラウドとやらの影響か、こういうゲームも増えているんですかね。良く知りませんが。

実際にはシステム上の都合で待たされているだけ、ということには敢えて目を瞑る

大工さんの工事で待ち時間が発生すると言っても、本当に工事に時間が掛かっている訳ではないということは、もちろん理解しています。私もそこまで馬鹿ではありません。

実際にゲーム内に大砲を作るには、ただデータを書き換えればいいだけなので、本当は数時間どころか1秒も掛からないでしょう。現に、ゲームを通じて製作者にお金を払いさえすれば、どんな大工事も一瞬にして終わります。

でもそこは敢えて騙されて、自分がゲームを閉じている間に工事を頑張ってくれている大工さんを想像して楽しむ余裕を持つのが、ささやかな幸福への第一歩ではないでしょうか。

もちろん、待ち時間を楽しむことが出来るのは、ゲームバランスやグラフィック、音楽などの他の部分が優れているからなのでしょう。そんなゲームを無料で公開してくださっているSupercellさんには大変感謝しています。でも私のようなユーザーばかりだと、Supercellさんにはお金が入らなくて困ってしまいますね。まあ、多分お金を払うユーザーも一定数いて、バランスはとれているのでしょうが。

お金を払って待ち時間を無くすことも出来る

待ち時間の話はすべてお金を払わずに遊ぶ場合の話で、お金を払えば待ち時間を減らしたり無くしたりすることも可能です。例えば、大工さんが24時間掛かる工事をする時でも、数百円のお金を払えばその工事を一瞬で終わらせられます。

お金を払うことを前提にすると、また違った楽しみ方の出来るゲームなんだろうなと思います。私も待ち時間を楽しむなどと書いてきましたが、お金を払って早くゲームを進めたいという誘惑に駆られることもあります。

終わりに

とにかく楽しいゲームなので、興味を持たれた方はぜひ試してみては如何でしょうか。細切れの時間だけでも本当に楽しむことが出来る、良く作られたゲームだと思います。